熊本の住宅「アラセンハウス」
チャリバカ日誌

2011年9月アーカイブ

悩み中。

September 27, 2011 05:20 PM |   Category is 益田

こんにちは益田です。
 
いま、かなり悩んでいます。
 
自分がホントに欲しい自転車がなんなのか?
 
いまクロスバイクに乗ってはいるけど ①カーボンMTBロード仕様は押さえときたいし・・・・その中でもハードトレイルかフルサスか・・29erか26インチタイプか・・・・しかし②ミニベロも乗ってる人を街中で見かけると「ああ〜あの人おしゃれだな〜」と素直に感じるし・・・街中仕様の③ナリフリ×ブリジストンが共同開発した「HELMZ」も気になるし・・・ 国内のメーカータイレル社がリリースしてる④ロードもかなり惹かれるし・・・いずれ九州一周をする時のために旅用も兼ね備えた⑤ランドナーっぽい仕様も実はけっこう好きだったり。ごちゃごちゃ書いたけどまずは写真見てくださーい、少しは自分の気持ちが伝わるかもしれん。参考写真 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 
①トレックTop Fuel 9.8 570.000円 このフルサス&カーボン・・・乗り心地よさそー!値段高い?これでも円高で安くなったほうらしい。
26895.jpeg
 
②BRUNO VENTURAリミテッドエディション 189.000円 理屈抜きに大人っぽい。最高。この写真が裏表紙に載ってたためにきのう金龍堂で自転車雑誌買っちゃったし。
1.jpeg
 
③ヘルムズH1X 179.000円 コンセプトが新しい。ていうか今時。裾が汚れないような工夫もされてるしブリジストンのニオイが見事に消されてるのもいい(失礼)。これ一台でかなりの守備範囲。H1X_StrongMirrorSilver_550.jpg
 
④タイレルRS シマノ105仕様 277.200円 チラッと見えるゴールドがナイス。フレームワークもいい。間違いなくそこらへんには売ってない雰囲気を醸し出してる。日本(四国)のメーカーだから応援したくなるし。index_main.jpg
 
⑤MOOTS MOOTOUR TI(チタン) TOURING FRAMEのみ 378.000円 アメリカ製。最近ムーツのトレードマークであるワニのルーツことを知った。チタンにこだわる数少ないメーカー。世界中のメーカーそれぞれがこうしたエピソードをもってるんだろ〜な〜。mootour-l1.jpg
 
こんな感じで自転車って悩ましい〜。けどクルマも家もモノもなんでもそうだけど深く知れば知るほど共感するし好きになるもんですよね!だから紹介したそれぞれの自転車はみ〜んな(置くスペースの問題さえなきゃ)どんどん買い足したいくらいです!もう少し貯金しながら悩んで学んで楽しもう!

サドル交換!

September 6, 2011 04:15 PM |   Category is 松田

松田です!今の自転車で通勤し始めて、早1年たちました!
走行距離も一万キロを超えて、寒い日・暑い日・雨の日も一緒に乗り越えてきた相棒です!
そこでサドルがだいぶ傷んできましたので交換をしようと考えました。
シートの破れ目から水が入ります(;一_一)
DSC_0154.JPG
     
       
     
そこでNEWサドルはなんと超軽量&暑い日は蒸れないすばらしいサドルに!
タイオガ スパイダー ツインテール
DSC_0199.JPG


装着!見た目もかっこいいじゃありませんか!
若干お尻が痛いですけど見た目がいいから許せます(T_T)
DSC_0200.JPG


只今2012年モデルを物色中!もう一台欲しいな~!

愛用アイテム①

September 4, 2011 10:58 AM |   Category is 益田

ビアンキ益田です!今回はとても気に入って使ってるアイテムをご紹介したいと思います。
iPhoneホルダー↓↓↓↓↓↓↓↓↓
RIMG0002.jpg
どう使うか、というと・・・広がっているホーンからなんと音楽が流れる仕組みなんです。
 
まずはハンドルに取り付けてiPodを起動させて聴きたいのをセット。↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
RIMG0004.JPG
 
曲が決まったら、次に雑誌で知ったアプリ「BikeMate」を起動。↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
RIMG0003.JPG
これがスゴいのはスピードメーター、オドメーター、走った時間、消費カロリー、平均速度、通ったルート確認などなど・・・便利な機能がてんこもり。音楽を聴きながら外の空気や風景を感じながら楽しくやってます^^

« 2011年8月 | メインページ | アーカイブ | 2011年10月 »

チャリバカ日誌

アラセンチャリ部:チャリバカ日誌
チャリバカ日誌では、アラセンハウス社内で発足したアラセンチャリ部の活動を面白おかしく紹介していきます!

2017年7月
 
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
  • 設計事務所の提案力と工務店の機動力。
  • こんな家に住みたいね。こんな家だから。
  • ハイスペック標準仕様。オプションも充実。
  • 資料請求・お問い合せはこちらからどうぞ
「アラセンハウス」はユーザーの手が届きやすい価格を目指した企画です。一般的な住宅の価格帯と比較するとロープライスの部類に入りますが、「アラセンハウス」はバリュープライス(価値のある価格)です。うたがう余地がないくらいにしっかりそれぞれのプロが全ての工程で「職人の仕事」をして「アラセンハウス」を建てていきます。材料の選定も品質やコストパフォーマンスを考えに考え抜いて相当期間を要しました。いいものはいい!とし、消費者の気持ちになって自分自身が家を建てるならば?とギリギリまでみんなで考えて企画した建築商品です。なので、「アラセンハウス」を、まったく後ろめたさもなく胸を張ってお客様へご提案させていただきます。「一軒入魂」。私たちの家づくりに少しでも興味を持っていただけましたらどうぞお気軽にお問い合わせください!