熊本の住宅「アラセンハウス」
チャリバカ日誌

2013年1月アーカイブ

初ブルベ!

January 22, 2013 09:42 AM |   Category is 松田

お久しぶりです!
去年の下関サイクルマラソンで不完全燃焼で少しやる気が無くなった
まま年末の忘年会などで自転車にほとんど乗ることがなくぶくぶくと6キロ
太った松田です(;一_一)
                                             
                                             
さて今回はブルベという競技に昨日参加しましたのでそのご報告をさせて頂きます。
まず皆様ブルベって何?と思われていますのでご紹介します。
ブルベとは!
参加者が携行しチェックポイントでスタンプをもらうカードのこと、または認定イベント自体のことを指す。
参加者は、指定されているが標識案内のないコース(通常200km~1400km)を、チェックポイント(フランス発祥なのでPoint de ControleつまりPCと略される)を通過しながら、制限時間内に完走しなければならない。この制限時間は、努力は要するものの無理のない速度(おおよそ時速15km程度で計算)で走れるように設定されており、ロードレースのような速度や走行戦略を用いる必要はない。強いて言えば順位を付けない自転車版のラリーである。規定の距離を制限時間内に走るなどの基準をクリアすると、コース完走の認定を受けることができる。また体力の問題やマシントラブルなど何らかの理由で棄権する場合は「DNF」(Did Not Finish--完走せず)を宣言できる(この場合も主催者による回収はないから、自力で何らかの手段を取って帰宅することになる)。
参加者は、他のサイクリストと競うものではない。ブルベは耐久力、自律性及び自転車走行技術を試すものである。そのため参加者は厳しい天候にも対応した装備や、予備の部品、道具を用意することが求められる。またブルベでは夜間走行も多く、その際にはライト、予備のタイヤチューブや反射素材のウェアも必要になる。このような荷物は自分で携帯するのが基本であるが、主催者側が許可すれば特定のPCにあらかじめ置いておく事も可能。
車種は、人力のみを動力とするものであれば特別の自転車である必要ではないが、事実上ほとんどのサイクリストはロードバイクかツーリングバイクを使う。いくつかの業者は需要を反映させたランドネルまたはオダックスの名称によるモデルを販売しており、これらは大抵、荷物のキャリアやどろよけを取り付けたロードバイクである。また多くのブルベではリカンベントやベロモービルによる参加も見られる。これらの車種は、長距離の走行に適しているからである。
種類としては
伝統的なブルベの距離は200km、300km、400km、600kmがある。これらを4年に一回開催される、パリ・ブレスト・パリの開催年の、1月からの半年間に完走して認定を受ければ、ブルベシリーズとして知られ、同時に最高峰である「パリ・ブレスト・パリ」への参加条件クリアとなる。 (シリーズ完成者は「シューペル・ランドヌール」(フランス語。英語では「スーパーランドナー」)となる)。このブルベシリーズは、600km以上の距離のものもあるが、200km以下のものはない(「ポピュラリー」(Populaires) と呼ばれ別枠)。
距離ごとの制限時間は、次の通りである。
200km:13.5時間
300km:20時間
400km:27時間
600km:40時間
1000km:75時間
1200km:90時間
1400km:116時間40分
                                
という内容になっています。(ウィキペディアから引っ張りました<(_ _)>)
                                               
                                                
その競技が今回熊本で開催されるということで、ただの興味本位で参加申込をしたのが
スタートでした。
大会の何日か前までは200キロなら走った事あるし大丈夫だろとコースを確認することなく
特に練習することなく過ごしていましたが、周りからは前半に凄いアップダウンがありそれがとてもきついとのこと(;一_一)
ただここまできたら当たって砕けろという考えで本番を迎えました!
当日は朝からドリンクボトルは忘れるは会場を竜田小と竜田弓削小を勘違いで間違えるわなど
バタバタして自転車のチェックをしてスタート!
今回のコースはこんな感じです!
135653351957813222872[1].jpg
詳しく見たい方はこちらもどうぞ!
ブルベ200.pdf

朝の気温1度の中をスタート!
IMG_0405.JPG
                                   
                                                      
快調に南関まで行き今回最難関の玉名広域農道オレンジロードからの金峰山越えがスタートし途中景色がいいのでドリンク休憩を!携帯のレンズが汗で曇ってました(@_@;)
IMG_0406.JPG
                                                      
その後後半のペース配分も考えず全力で登り切りやっと有人チェックポイントについた時には
もうヘロヘロ(=_=) 
IMG_0407.JPG
                                                         
                                                  

その後またアップダウンを繰り返しいよいよ宇土半島に向かいます!
途中コンビニでがっつり昼食を食べながらコース近くに我が家があるので帰りたくなる気持ち
を抑えすぐにスタート!宇土半島を走っているときには脚力はもう殆んど残っていなかったので
少しペースを抑え三角西チェックポイントでマッサージ休憩
IMG_0408.JPG
                                                       
                                                               
次のチェックポイントまでは同じくらいのペースの人がいたのでゆっくりと行き最後の甲佐の
チェックポイントに到着!
IMG_0409.JPG
ここで最後の栄養補給!肉まん唐揚げに栄養ドリンク3本のみをし残り25キロを全力で走れば18時半前にはゴールできるだろうとスタート!
快調に益城までは平均35ぐらいのペースで行ったがナント!登りで足が攣りそこから超スローペースに!その後何回か足を攣りながらやっとゴール!
チェックを受けて最後にメダルを頂きます!!
IMG_0411.JPG
                                         
メダルをもらった後はすべてを出しつくしゴールした達成感を感じながら帰路へ
翌日から全身の筋肉痛が続いてます(;一_一)
今回の200キロの走行時間11時間10分 平均21キロ 消費カロリー4000キロ?
家に帰って体重計に乗ったらなんと4キロ落ちてました!
凄くきつかったですが次回は計画を立てて300キロを目指します!
                                                   
誰か一緒に参加して見ませんか!
                                                  

« 2012年8月 | メインページ | アーカイブ | 2013年3月 »

チャリバカ日誌

アラセンチャリ部:チャリバカ日誌
チャリバカ日誌では、アラセンハウス社内で発足したアラセンチャリ部の活動を面白おかしく紹介していきます!

2017年7月
 
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
  • 設計事務所の提案力と工務店の機動力。
  • こんな家に住みたいね。こんな家だから。
  • ハイスペック標準仕様。オプションも充実。
  • 資料請求・お問い合せはこちらからどうぞ
「アラセンハウス」はユーザーの手が届きやすい価格を目指した企画です。一般的な住宅の価格帯と比較するとロープライスの部類に入りますが、「アラセンハウス」はバリュープライス(価値のある価格)です。うたがう余地がないくらいにしっかりそれぞれのプロが全ての工程で「職人の仕事」をして「アラセンハウス」を建てていきます。材料の選定も品質やコストパフォーマンスを考えに考え抜いて相当期間を要しました。いいものはいい!とし、消費者の気持ちになって自分自身が家を建てるならば?とギリギリまでみんなで考えて企画した建築商品です。なので、「アラセンハウス」を、まったく後ろめたさもなく胸を張ってお客様へご提案させていただきます。「一軒入魂」。私たちの家づくりに少しでも興味を持っていただけましたらどうぞお気軽にお問い合わせください!