熊本の住宅「アラセンハウス」
技ブロ

2013年5月アーカイブ

もうすぐ!!

May 21, 2013 09:05 PM |  

こんばんわ。
黒田です。

5月も後半に入り、暑くなってきましたね。
そんな中、アラセンハウスから熱いおはなしをお届けします。

弊社のホームページをご覧になっている方はご存じかと思いますが、

もうすぐ西梶尾にモデルハウスがオープンします!!

今回は切妻屋根のアラセンハウスです。

まだ全貌が見えず、気になって、そわそわしている方に...

少しだけ紹介します。

0520 034.JPG


こんな感じのキッチンまわりです。

坪井のモデルハウスとは雰囲気がちがい、また違ったご提案ができると思います。

お家づくりの参考に、ぜひお越しください。スタッフ一同こころよりお待ち致しております。


タイル

May 11, 2013 08:31 PM |  

(。^▽^。)ノ こんばんは。 下村です。


最近の私のお気に入りのタイル、「コラベル」をご紹介します。
ランタン形がかわいいモザイクタイル (///ω///) トラディショナルな釉薬づかいがレトロなイメージを創り出しています。カラーバリエーションは22色。好きなカラーをチョイスして、1枚1枚を自由に組み合わせ自分好みにコーディネートができます。


0158_SG201201_0112.jpg

現在建築中の物件にも提案しているのですが、異形なタイルなので割り付けが難しい。両端が中途半場にならないよう緻密に計算しました。


タイル割り図.jpg

カラー配色も悩み、シミュレーターと格闘中 ( ̄ヘ ̄;)

         パターン.2.jpg     パターン.3.jpg


テレビドラマのセットでもよく使われているので、目にした方は多いのでは。
現在放送中のドラマ「ラストシンデレラ」でも使用されているのでチェックしてみて下さい。(写真右下)

         K043458L.jpg     rastsinderera.jpg

HOUSE VISION

May 2, 2013 09:37 PM |  

研修で3月に、HOUSE VISIONにいってきました。

「HOUSE VISION]とは、エネルギーの移動、複合化する家電。成熟マーケティングや
美意識資源の発露など、様々な可能性を融合させる場として「家」をとらえ、
その可能性をヴィジュアライズする試みです。 以上 HPより

このテーマの展示会が東京で開催されたので、松田と二人で研修にいってきました。

もうすごいの一言です、未来の家造りについて有名な建築家や各メーカーが取り組み
提案してありました。


↓ 以下写真です

会場全体を隈研吾が構想していました。
R0016648.jpg

R0016434.jpg

LIXIL X 伊藤豊雄 懐かしい未来の家を考える
土間のある暮らし、絶妙な空間構成で細部にこだわりがちりばめていました。
R0016647.jpg

R0016442.jpg

HONDA X 藤本壮介 移動とエネルギーの家
R0016450.jpg

名称未設定.jpg

R0016463.jpg

住友林業 X 杉本博司 数寄の家
R0016476.jpg

R0016477.jpg

R0016486.jpg

R0016499.jpg

R0016506.jpg

無印良品 X 坂茂 家具の家
R0016508.jpg

R0016524.jpg

東京R不動産 X 馬場正尊・林厚見・吉里裕也 編集の家
R0016569.jpg

R0016572.jpg

R0016589.jpg

刺激的な体験でした、この体験をお客様にご提案していけるように
最善をつくしていきます。
田中

« 2013年4月 | メインページ | アーカイブ | 2013年6月 »

技ブロ

アラセン技術者ブログ:技ブロ
技ブロでは、アラセンハウス技術部の日々の出来事から家づくりの技術について書かせていただきます!技術面もわかりやすく面白く書いていきますぜひ一読してください!

2017年7月
 
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
  • 設計事務所の提案力と工務店の機動力。
  • こんな家に住みたいね。こんな家だから。
  • ハイスペック標準仕様。オプションも充実。
  • 資料請求・お問い合せはこちらからどうぞ
「アラセンハウス」はユーザーの手が届きやすい価格を目指した企画です。一般的な住宅の価格帯と比較するとロープライスの部類に入りますが、「アラセンハウス」はバリュープライス(価値のある価格)です。うたがう余地がないくらいにしっかりそれぞれのプロが全ての工程で「職人の仕事」をして「アラセンハウス」を建てていきます。材料の選定も品質やコストパフォーマンスを考えに考え抜いて相当期間を要しました。いいものはいい!とし、消費者の気持ちになって自分自身が家を建てるならば?とギリギリまでみんなで考えて企画した建築商品です。なので、「アラセンハウス」を、まったく後ろめたさもなく胸を張ってお客様へご提案させていただきます。「一軒入魂」。私たちの家づくりに少しでも興味を持っていただけましたらどうぞお気軽にお問い合わせください!