熊本の住宅「アラセンハウス」
技ブロ

2016年4月アーカイブ

リラックス

April 9, 2016 05:04 PM |  


こんにちは。
最近ぽかぽかと暖かな陽気が続いて
心地よい日々を過ごせている方も多いのではないのでしょうか(^^)


さて、今回は「リラックス」についてお話させて頂きます。
リラックス方法は、様々で個人差があります。
例えば、半身浴であったり、アロマ、旅行など。
自分の好きなことをするのが一番のリラックス方法だと思います。


しかし、私が考えるに一番のリラックスはお家に帰ることではないでしょうか。
「自分の部屋でリラックスしている時間が一番」と思う人は多いと思います。


では、自分の部屋でリラックスをするにはどんなことが必要なのか。
少し紹介させて頂きますね!


1、統一感がある部屋
「ナチュラルテイスト」や「モダンテイスト」など、部屋にはテイストがあります。
部屋のテイストに統一感があるとリラックスできます。
テイストや色調がバラバラな部屋は、何となく落ち着かないものですね。
ちなみに、リラックス出来る部屋にしたいのであれば
「ナチュラルテイスト」に統一するのがおすすめです。


036-thumb-675x420-36.jpg


2、家具などが寒色系でまとまっている
寒色系でまとまっているお部屋にいると気持ちが落ち着きます。
寒色系というのは、青や緑、白、黒、グレーなど。
中でも「リラックスできる部屋」におすすめなのが緑色です。
自然を連想する色であるため、心からリラックスできます。
寒色系はあんまり...という方は、リラックス出来るスペースを作り
そこを寒色系でまとめると良いかもしれませんね。


スクリーンショット-2013-04-10-23.56.16.png

他にも、照明が明るすぎたり、暖色系ばかりの家具が置いてあったり
そういうものはリラックス出来ないのです。
これは、お家づくりに関連してくるものですので
頭の片隅にでも入れておいて頂けると幸いです。


リラックスできるお家、帰りたいと思えるお家のお手伝いをぜひさせてください(^^)♪


*。まるた

経年変化

April 7, 2016 07:48 PM |  

こんばんは~!


今年は長い期間、桜を観ることが出来て満足していました。
しかし残念ながら、今日の大雨と強風で大分散ってしまったと思いますが、どこかまだ咲いてないかなぁ。出来れば、また夜桜を観たいなとかんがえております(^v^)


  

今回は気になる資料を見せて頂いたのでそれをまとめたいと思います。
それは"経年に使われるプラス言葉"です!
 
 

良く使われているのは"ヴィンテージ"ですよね。
vintage_p01.jpg

本来は、ワインにおいてブドウの収穫から醸造を経てビン詰めされるまでの工程を表す言葉で、それが当たり年のワインを表すようになり、それから年代物の希少品の意味に用いられるようになったそうです。"単に古いだけではなく、古くて希少価値が高いもの"に対して使うのが正しいそうです。

 
 

その他に"ブロカント"
20131022sブロカント家具製作s4_1.jpg
 

「美しいガラクタ」という言葉が語源で、ものを大切に永く使う文化が根付くヨーロッパにおいてアンティーク程の歳月はたってはいないが、人々に愛されてきた美しい小道具を意味する言葉です。


 

最後に"シャビーシック"
88d84a9724c6c38395c3e36eec34451919d08d1d.jpg


「古ぼけて粋な」という意味で、使い込まれたように傷がついていたり、塗装が剥げかかったような、古いけど味があるアンティーク家具などを取り入れた、クラシックでいてエレガントなスタイルを指す言葉です。


 
 
皆さんはどれがお好みですか?
私は選べませんでした(笑)
どれも古いものですが、似たようで似てない。それぞれ味があっていいですよね。
経年変化は時間が経つほどに表情をかえていくので、家具など無垢材で出来たもの等で、何十年後かにどんなふうに変化してくれるか想像しながら購入するのもいいですね。

                                                ソウマ

« 2016年3月 | メインページ | アーカイブ | 2016年5月 »

技ブロ

アラセン技術者ブログ:技ブロ
技ブロでは、アラセンハウス技術部の日々の出来事から家づくりの技術について書かせていただきます!技術面もわかりやすく面白く書いていきますぜひ一読してください!

2017年7月
 
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
  • 設計事務所の提案力と工務店の機動力。
  • こんな家に住みたいね。こんな家だから。
  • ハイスペック標準仕様。オプションも充実。
  • 資料請求・お問い合せはこちらからどうぞ
「アラセンハウス」はユーザーの手が届きやすい価格を目指した企画です。一般的な住宅の価格帯と比較するとロープライスの部類に入りますが、「アラセンハウス」はバリュープライス(価値のある価格)です。うたがう余地がないくらいにしっかりそれぞれのプロが全ての工程で「職人の仕事」をして「アラセンハウス」を建てていきます。材料の選定も品質やコストパフォーマンスを考えに考え抜いて相当期間を要しました。いいものはいい!とし、消費者の気持ちになって自分自身が家を建てるならば?とギリギリまでみんなで考えて企画した建築商品です。なので、「アラセンハウス」を、まったく後ろめたさもなく胸を張ってお客様へご提案させていただきます。「一軒入魂」。私たちの家づくりに少しでも興味を持っていただけましたらどうぞお気軽にお問い合わせください!