熊本の住宅「アラセンハウス」
技ブロ

頑丈な家

June 8, 2016 04:10 PM |  

こんにちは!
 
 

今回は頑丈な家についてお話したいと思います。
頑丈な家に欠かせないものが"筋交い"です。
 
 

IMG_0630.JPG
 
 
写真の中央に見えるのが"筋交い"です。
 
"筋交い"とは、柱と柱の間に斜めに渡す補強材のことです。
地震や風圧(台風、強風)などの水平力による建物の変形を防ぐための部材で、
建物を強固にするために一定の割合で入れることが義務付けられています。

 
 
IMG_0454.JPGのサムネール画像
 
  
この"筋交い"を壁に斜めに入れ、水平力に抵抗するための部材とすることで耐力壁とします。
構造体の耐震性を強める効果があります。
 
 

"耐力壁"とは、建物の横からのくる力を支える壁の事です。
建物は、真上からの重さには、柱で支えることが出来ますが、
横からの力には非常に弱いのです。
なので、"筋交い"をバランス良く配置し、"耐力壁"をつくることで頑丈になります!

 
IMG_0452.JPGのサムネール画像

 
プランニングの際にも"筋交い"をどこに配置するかも考慮しながらプランニングをしています。
今後も、安全安心かつ快適な間取りをご提案していきたいと思います!!
                                   ソウマ

メインページへ

技ブロ

アラセン技術者ブログ:技ブロ
技ブロでは、アラセンハウス技術部の日々の出来事から家づくりの技術について書かせていただきます!技術面もわかりやすく面白く書いていきますぜひ一読してください!

2017年7月
 
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
  • 設計事務所の提案力と工務店の機動力。
  • こんな家に住みたいね。こんな家だから。
  • ハイスペック標準仕様。オプションも充実。
  • 資料請求・お問い合せはこちらからどうぞ
「アラセンハウス」はユーザーの手が届きやすい価格を目指した企画です。一般的な住宅の価格帯と比較するとロープライスの部類に入りますが、「アラセンハウス」はバリュープライス(価値のある価格)です。うたがう余地がないくらいにしっかりそれぞれのプロが全ての工程で「職人の仕事」をして「アラセンハウス」を建てていきます。材料の選定も品質やコストパフォーマンスを考えに考え抜いて相当期間を要しました。いいものはいい!とし、消費者の気持ちになって自分自身が家を建てるならば?とギリギリまでみんなで考えて企画した建築商品です。なので、「アラセンハウス」を、まったく後ろめたさもなく胸を張ってお客様へご提案させていただきます。「一軒入魂」。私たちの家づくりに少しでも興味を持っていただけましたらどうぞお気軽にお問い合わせください!